楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい

「笑う門には福来たる」「泣きっ面に蜂」という言葉は有名ですが、あのことわざには科学的根拠があります。
そう思っていなくても、笑顔でいると、脳味噌は、「楽しいことを考えなければ」と反応します。
その時に分泌される幸せホルモンを、セロトニン、と言います。セロトニンが分泌されると、頭や心の中は、ありがたい気持ち、ほわあっとした気持ちになり、何もなくても嬉しくなります。
そして、その効果は自分だけでなく他人にも伝わります。笑顔でニコニコしていると、他人もそれを見て、嬉しくなり、自然と笑顔になりますね。
相乗効果で幸せは共有され、増幅されるのです。
また、セロトニン分泌中は、頭も冴えており、仕事や勉強のパフォーマンスも飛躍的に向上します。
逆に怒っているときや、嫌なことを思いながらでは、パフォーマンスは向上しません。
どんなに嫌なことがあっても、それを外に出すことは、ストレスの解消にはならないそうなのです。
余計に外に出した暗い毒のある言葉が、同じものを引き寄せて、また同じようなことやもっと酷いことが起こるというのです。
なので、心の中では何を思っていても、笑顔でいましょう。
もっといいことがあなたの怒りやモヤモヤを、ふわっと気にならなくなるところまで持って行ってくれるはずなので。
ここまで読んでくださり心より感謝しています。笑顔でいるあなたにいいことが訪れますように。