人間集団における五種類の人間

学校教員をしていて、少し俯瞰的に教室の様子を「マーケティング」することがあります。
人間は必ず、いろんな種類の人間に分かれます。やる人間、やらない人間。大人しい人間、騒がしい人間。明るい人間、暗い人間。親切な人間、冷たい人間。
その中で、どんな人間の部類に入るかは自分の自由意志で決められます。しかし、統率者が全員を一色に染めることは不可能で、それをすると必ずひずみが生じます。
私なりの分類ですが、
授業をしていて、これは必ずそういう風に分かれます。教室内での精神的態度のヒエラルキーです。
1.統率者:教師のことです。この人間の態度によって教室全体の舵は左右されます。
2.真剣に話を聞き実行する人:統率される側の方でいえば、最も上位のヒエラルキーに位置します。大体、全体の5-10%でしょう。
3.言われたことをたんたんとやる人:次に上位のヒエラルキーです。しかし、創造性はなく、管理される側に徹します。20%くらいです。
4.やったりやらなかったり:彼らは自分の明確な意志を持たずに、周りの雰囲気に流されて、賞賛したり賛美したりします。いわゆる日和見菌。哲学者ニーチェはこの人々のことを「畜群」と呼び、おおよそ現代では発禁になるだろうというくらいまでに批判しています。これが現代社会では権力者となっています。こういう層が全体の6割7割を占めています。
5.犯罪者、破壊者:自分は一方的に環境の被害者であり、世の中に対して恨みを持っているタイプの人々のことです。いじめっ子の中心的人物など、そのタイプでしょう。

学校は社会の縮図です。5のタイプの人間がリーダーシップをとってしまった場合、カルト宗教や、全体主義国家が成立します。逆のヒエラルキーが人間を不幸にしてしまうことを正当化してしまうのです。
だからこそ、現代社会に求められるのは、善の心を持ち、強力にリーダーシップを発揮していける指導者なのだろうと思います。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい

「笑う門には福来たる」「泣きっ面に蜂」という言葉は有名ですが、あのことわざには科学的根拠があります。
そう思っていなくても、笑顔でいると、脳味噌は、「楽しいことを考えなければ」と反応します。
その時に分泌される幸せホルモンを、セロトニン、と言います。セロトニンが分泌されると、頭や心の中は、ありがたい気持ち、ほわあっとした気持ちになり、何もなくても嬉しくなります。
そして、その効果は自分だけでなく他人にも伝わります。笑顔でニコニコしていると、他人もそれを見て、嬉しくなり、自然と笑顔になりますね。
相乗効果で幸せは共有され、増幅されるのです。
また、セロトニン分泌中は、頭も冴えており、仕事や勉強のパフォーマンスも飛躍的に向上します。
逆に怒っているときや、嫌なことを思いながらでは、パフォーマンスは向上しません。
どんなに嫌なことがあっても、それを外に出すことは、ストレスの解消にはならないそうなのです。
余計に外に出した暗い毒のある言葉が、同じものを引き寄せて、また同じようなことやもっと酷いことが起こるというのです。
なので、心の中では何を思っていても、笑顔でいましょう。
もっといいことがあなたの怒りやモヤモヤを、ふわっと気にならなくなるところまで持って行ってくれるはずなので。
ここまで読んでくださり心より感謝しています。笑顔でいるあなたにいいことが訪れますように。

加圧トレーニングに挑戦!

大阪の福島にある、加圧トレーニングスタジオに行ってきました。
私は、空手をやっているのですが、どうしたらパフォーマンスが向上するのかということで、今話題で、テレビに出ている有名人や雑誌でよく取り上げられている加圧トレーニングというものを体験して見ることにしました。
腕や足に加圧ベルトを巻き、血流を制限します。その状態で、トレーニングをすると、乳酸が何百倍にまでたまり、成長ホルモンの脳からの分泌が三百倍にまで増えるそうなのです。
始めてベルトを巻いてもらった時は、腕が…なんといえばよいでしょうか。
血が止まる、あの感覚です。その状態で、腕立て伏せや、アームカールなどを行いますが、
「ええ、自分ってこんな回数しかこなせなかったの」と驚き情けなくなるほど、すぐに乳酸が腕に溜まって疲れて動かなくなるのがわかるのです。
三十分、運動量は少しだと思うのに、全身汗だくで、腕も足もお腹もヘロヘロになっていました。
帰りの電車では、心地よい眠気に誘われて熟睡してしまいました。
聞くところによると、それはたくさんの成長ホルモンが出ている証拠なのだということです。
続けていると自分の腕が、すごく引き締まったなあと嬉しくなりました。
加圧トレーニングには、もちろんアスリート向けのものもありますが、ダイエットや運動不足のためのメニューもあって、
短時間で効果的に身体も引き締まり、またよく眠れるようになるいいこと尽くしのトレーニングだと思いますので、ぜひ皆さんもお試しくださいませ。

最近始めた様々な趣味などについて

文章を書くのが好きで、同人誌を作ったり、雑誌風に作ったものをギャラリーで発表したりしてました。けれど、最近は忙しく過ごしていて、趣味の文章が中々書けません。どうにかして、自分なりの発表の場所をネットでしたいと思って、あれこれ検索していました。
そして私が見つけたのが、電子書籍という形。ネット上で小説などをお金をかけずに、自由に発表できるサイトを見つけました。さっそく登録して、小説を書いてみました。最初から誰かに見てもらえる期待はしていなかったです。ブログなどで宣伝しないと、難しいかなと考えたのです。しかし、驚くことに書いたその日に、もう閲覧してくれている人がいて、書く楽しみがより増しました。
1日に、数時間パソコンを触る時間を作り、考えた文章を書く。日々のストレスも、自分の妄想、空想世界にいるとどんどん薄らいでいくようです。
そして、最近始めた新たなことは、子育てに忙しく、同じ年の子供をもったママと中々知り合えなかったことから始めたことです。子供とママ達を含めた交流のできる保健センターや公民館などのイベントに子供と行って、日々抱える悩みを相談したり、いろんなお話をして楽しむ交流会に参加しました。自分では中々解決できない悩みを、同じ年の子供を育てるママと相談できて、心強く感じました。今後も、いろんな場所に行ったり、ネットで出来る趣味をもっと自分なりに発展させて、楽しめたらと思います。