待機時間と離職率が高い

探偵という仕事を良くわかっていない方が多いと思います。アニメや漫画で見たようなことは実際には行われていません。本当の仕事はとにかく過酷で、長時間の我慢が必要な地道な仕事なのです。
探偵の仕事は張り込みが主体です。同じ場所にじっと身を潜めて、調査対象である人の動向を探っていきます。同じ場所から動くことは殆どありません。動く場合は調査対象の人物が動きを見せた時のみで、後はじっと隠れて様子を伺うことになります この時間が長くて10時間を超えます。新人の探偵がこれに根を上げて辞めてしまうということも少なくないそうです。これができなければ探偵としての資格はないと言ってもいいでしょう。

それくらい我慢して続けなければならないのです チームで行っているのは、こうした状況を少しでも緩和するためです。長時間動きを取ることができない中で、交代で監視をしていれば休憩を取ることが可能です。辛い仕事ではありますが、リフレッシュができる時間があれば集中力は続いていくでしょう 探偵の仕事は不定期かつ長時間に及びます。これに耐えなければ一流とは言えません。しっかりとした調査結果を提示するためには、己を犠牲に出来るだけの強い信念が求められています。
口コミで選ぶ調査事務所の一員になるには覚悟も必要ということでしょう。